トップページ | 泥兎blog移転しました »

2011/01/02

おだやかな正月

1030446
絶景畑 (家の裏の復元途中の50年前の畑) からの景色 (1/2pm)
大晦日も元日も今日1/2も 晴たり曇ったりで雪はときどき舞うぐらい
西日本や北陸の豪雪が信じがたいほどここ美麻は穏やかです

1030447
白馬三山方向のズームアップ1

1030453
ズームアップ2 - 雪雲の中から杓子岳が霞んで見えてきた

1030457
ズームアップ3 - 白馬鑓がくっきり
一番右の白馬岳は見えないまままた雪雲の中に

トップページ | 泥兎blog移転しました »

旅行・地域」カテゴリの記事

里山」カテゴリの記事

コメント

『雪景色』・・・・雪国に暮らす人にはうんざりかもしれませんが、
      外野席から見ると、とても新鮮です。・・・・・・楽しみにしています。
      薪もいっぱい蓄えたようですが風邪をひかないように!

kamyさん、コメントをどうもです。今年もよろしくお願いします。
西日本は記録的な豪雪、すぐ西の北アルプスの大山脈2本の向こうの北陸も雪が多いようですが、長野は北アルプスが壁になってくれてるようで、年末から連日晴れてます。秋から冬へと、毎日変わる景色は新鮮でした。
薪ですが、かなり作ったつもりが、最初に作ったネコヤナギの薪も、最後に作ってこれで大丈夫!と思った山桜の薪も、乾燥が足りなくてあまりよく燃えてくれないのでした。囲炉裏ではなんとか燃えますが、囲炉裏は煙と一緒に熱気も抜けてしまうのでけっこう寒くて、薪ストーブでないと暖まらないのですが、この薪ストーブがケチって小さいのにしてしまったのが失敗で、よく乾いた薪でないとすぐ火が消えてしまう(;_;) 12/31になぜか家の200mぐらい手前まで道路を除雪してくれてしまった (10年前でも500mぐらい手前までしかやってなかったのに) こともあって、昨日、薪の購入~搬入を企みました。が、麓の師匠宅に寄ったところ、余ってる薪を下さり、ついでに前日、弟さんが切った庭の藪を3人で来年のボヤ(焚きつけの小枝)7束に加工。というわけで、厳冬期で外の作業などできないはずが半日も作業してしまいました。
除雪は誰かが役所に「奥に別荘地あるからかいて」と頼んだらしいのですが、自分や麓の関係者は頼んでなくて、誰が頼んだのか不明。おかげでスキーでピューっと滑っていけなくなってしまった(数日前に家の中でつまずいて足の指が痛くてビッコひいてしか歩けないのですが、スキーなら靴履いてしまえば滑れるので)ものの、今頃軽トラで薪やボヤを上げたりもできたのでした。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おだやかな正月:

トップページ | 泥兎blog移転しました »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ